お仕事の依頼はこちら

【生の声でお悩み解決】食が細い3kgのノルウェージャンフォレストキャットにしてる食欲アップ作戦

猫と暮らしていると、一般的な飼育本では解決できない悩みを抱え、飼い主さんが苦しくなってしまうこともあります。そこで、本企画では猫飼いさんたちが実際にしている工夫や配慮を紹介。

ゆあ

いわゆるHow toではなく「生の声」を共有し合うことで、人も猫も幸せに暮らせる方法を見つけられたら…と思いました。

さて、記念すべき第一弾である今回、協力してくれたのは当ブログの管理人&WebデザイナーHikaruさんの愛猫ベルちゃん!

ノルウェージャンフォレストキャットのベルちゃん、実は体重は3kgほどで、食が細い女の子。

そんなベルちゃんにHikaruさんは、どんな食欲アップ作戦を行っているのでしょうか?

この記事をおすすめしたい人
  • 体重が軽いことを不安に思っているノルウェージャンフォレストキャットの飼い主さん
  • 食が細い愛猫の食欲をアップさせたい人
  • 愛猫にどんなご飯をあげたらいいのか悩んでいる人
  • 愛猫の飲水量を増やしたい人

似た悩みを抱えている飼い主さんは、ぜひ参考にしてみてください。

体重が3kgになるまでは子猫用フードを

現在、5歳のベルちゃんは優しく控えめな性格。穏やかで我慢強い女の子です。

―どうやって出会ったんですか?

ペットショップで一目ぼれしました。出会った頃は1歳3ヶ月だったんですが、体重は1.8~2kgほどでした。

―何歳頃から体重に変化がなくなったのでしょうか。

出会った時点で、もう変化がなかったですね。

―大型猫さんだからこそ体重が増えないと心配になりましたよね…。獣医師さんから何かアドバイスはもらったのでしょうか?

食事を工夫し、子猫用のごはんをあげるようにと言われました。避妊手術をしたら改善するだろうけれど、華奢なこの体に手術をするのは抵抗があると親身になってくださって…。話し合った結果、2.2kgほどで行うことになりました。

避妊手術をしてから間もなく3kgに到達してくれたのですが、それまでは子猫食をあげていました。

MEMO
ノルウェージャンフォレストキャットのような大型猫さんは、ゆっくり成長するため、栄養価の高い子猫用フードを長めに与え、しっかりと体づくりをしていくのはよい方法。体重に不安がある場合は、信頼できる獣医師さんと深く相談しながら進めていくことも大切です。

食欲がアップする「カリカリ投げタイム」

―ベルちゃんは現在も食が細いと聞いたのですが、普段の食事ではどんなことに気を付けていますか?

差し出しても食べないので、食べたいと思った瞬間に必ずごはんがある状態にしています。水も全然飲んでもくれないから、「ちゅ~る」やウェットフードは必ず水で薄め、より水分を摂れるようにしています。

―それは良い工夫ですね!

昔、生物学をかじっていた身としては、個人的に「ちゅ~る」の塩分量は腎臓に負荷がかかる量だと感じたので、たまにしかあげないという方でも、できるなら薄めてあげたほうがいいと思っています。特に、華奢な猫ちゃんにとって腎臓の病は死に直結すると思っているので気を付けたいなと。

あと、お行儀は悪いですが、ご飯を投げると追っかけて、その流れで食べる謎習性があるため、1日に1回は必ずカリカリ投げタイムがあります(笑)

―ユニーク!狩猟本能が掻き立てられ、食がすすむのかもしれませんね!ちなみにドライフードは、どこの製品ですか?
カリカリはロイヤルカナンです。ノルウェージャンフォレストキャット用と毛玉ケア用を混ぜてあげています。朝はウェットフード、夜は固形の「ちゅ~る」を投げ、深夜には液状の「ちゅ~る」を水で1/3程度に薄めて、貢いでいます。

MEMO
コスパのいい総合栄養食は着色料など、愛猫にとって不安な成分も含まれているのでフード選びの時は成分表を必ずチェック。おいしく飲水量が増やせる工夫は脱水症状になりやすい夏や寒さから水を飲む回数が減る冬に取り入れていきたいものです。

食欲アップのコツは「狩猟本能に訴えかけること」

―フードを選ぶ時は、どんなことに気を付けていますか?

ベルちゃんは特別、嫌いな味はないものの、偏ると飽きちゃうので、ウェットフードや「ちゅ~る」は色んな味を購入するようにしています。

―味の変化、フードに飽きちゃう猫さんにとっては大事ですよね。

基本的には、少し高めの総合栄養食をあげるように意識しています。あと、ウェットフードはスープだけすすって終わるので水を足し、少しでも飲水量が増えるようにしています。

―ちなみに食事管理のほかにも、共に暮らす中で気を付けていることって何かありますか?

とにかく脱走させないことです。こんな華奢な子が外に出たら、即死だろうと思うので…。

―命を守るためにも、脱走防止は大事ですよね。Hikaruさんの他にも、体重がなかなか増えない、食事量が少ないと悩んでいるノル飼いさんはいると思うのですが、そうした方に何かアドバイスなどありましたら教えてください。

ドライフードを投げて与えるというのはお行儀は悪いですが、ベルちゃんの命を紡いだ可能性のある試みだったと思います。狩猟本能に訴えかけるというところが食欲をアップさせるカギなのかもしれません。

MEMO
なんともユニークな食欲アップ作戦ですが、ここには運動量を増やせる&食に対して楽しいイメージがつくというメリットがあるように思います。食の悩みを解決するにはフードの種類を気にかけるだけでなく、与え方にも目を向けてみることが大切です。

おわりに

ユニークな方法で、愛猫の「食べたい」という気持ちを高めたHikaruさん。本能に訴えかけるその秘策はぜひとも、自宅で実践してみたくなります。

今回協力してくれたベルちゃんの日常は、HikaruさんのTwitterからチェック可能。

飼い主であるHikaruさんはWeb制作(デザイン/SEO)に携わっており、猫系YouTubeのサムネイル製作やコンサルなども手掛けています。
【お仕事募集中】WEBデザイナーHikaruの実績

そして、今後の目標はペット業界をWebの世界から変えていくこと。

  • 猫カフェさんや保護活動をされている方のWebサイト制作
  • YouTubeなどペットメディアのコンサルティング
こうした活動に力を注ぎつつ、幸せな保護猫さんを増やすお手伝いをしていきたいと考えています。

本ブログ経由の方には無償対応も行っているので、気になる方はぜひコンタクト取りつつ、ベルちゃんを一緒に愛で、「食」という観点からも愛猫を幸せにする方法を考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)