お仕事の依頼はこちら

猫好きさん歓喜!人気フォトブック『へそ天にゃんこ』の第2弾が発売


家の中でだらーんとへそ天をしてくれる愛猫を見かけると、「心を許してくれているんだな」と嬉しくなるもの。そんな幸せいっぱいな猫たちの姿をたっぷり見られるのが、『へそ天にゃんこ』(すむぞう/三笠書房)。

画像提供:三笠書房

全国各地から寄せられたへそ天姿を多数収録した本作は、大きな話題を呼びました。
そんな大人気フォトブックの第2弾が2021年2月19日(金)に発刊

ゆあ

なんと作家すむぞうさんとお友達になることができたので、ずっと聞きたかった制作の経緯や書籍に込めた想いを伺ってみました!

猫好き待望の新作!『へそ天にゃんこ2』の内容とは

すむぞうさんは書籍の刊行だけでなく、全国各地で写真パネル展「へそ天にゃんこ展」も行い、へそ天の魅力を広めてきました。

企画誕生のきっかけは「世の中で暮らすペットたちは、どんな姿でへそ天しているんだろう…」という疑問を抱いたこと。飼い主さんの協力を得つつ、生み出された『へそ天にゃんこ』は大切な人へのプレゼントとして選ばれることも多く、すむぞうさんのもとには「とても癒やされた」「猫話で話が弾んだ」という嬉しい声も多数寄せられています。

シリーズ第2作目となる『へそ天にゃんこ2』(すむぞう/三笠書房)は、かわいさ&癒やし効果がダイニャマイト級にパワーアップ。

愛猫に対する飼い主さんの想いが知れるのはもちろん、「#いろんな場所でへそ天にゃんこ」や「#へそ天のび選手権」などの企画ページを通し、より1匹1匹の個性を堪能できるフォトブックになっています。


すむぞう

飼い主さんのコメントを楽しみつつ、究極にリラックスしている猫たちが暮らす世界へトリップしてモフモフしたり、話しかけたりと想像を駆け巡らせていただけたら、猫たちをもっと身近に感じてもらえるはず。心のマッサージ、めいっぱい、ご用意しております!

「へそ天にゃんこ」シリーズは“かわいい”に目が向けられやすいものですが、実は問題提起本でもあります。これでもかというほど無防備にだらける猫の中には命を失いかけた子も少なくないからこそ、すむぞうさんは殺処分などの社会問題や人間とペットとの関係性などについて考えるきっかけにもなれば…と思っています。

すむぞう

ペットを飼うことにはかけがえのない命を預かり、守り抜くという大変さと責任が伴うと思っています。不安なことが多い世の中ですが、人とペットが日々の中で深く繋がり、癒し合い、幸せに暮らせる平和な世界が築かれることを願って、この本をお届けしたいです。

なお、今作にはすむぞうさんのへそ天に対する想いや、去年のクリスマスに贈られた思い出の猫型付箋の写真も掲載。

すむぞう

写真パネル展を企画・運営して下さった方からサプライズプレゼントしていただいた、来場客の感想が書かれた猫型の付箋紙の写真を載せています。自分は癒やすコンテンツを届ける立場ですが生の声を触れたことで、逆にとてつもなく癒やされ、感泣してしまいました。

幸せの輪を広げている「へそ天にゃんこ」シリーズは、辛い日に効く心のサプリにもなってくれます。

かわいいだけじゃない「へそ天」の魅力

これまでに数万匹のへそ天姿を目にしてきたすむぞうさんは、自由気ままに暮らす中でその子らしい個性豊かな世界が生み出されているところにへそ天写真の魅力はあると感じています。

すむぞう

想像の斜め上をいく奇抜な恰好や表情に驚かされたり、笑わせてもらったり。少しツンデレな一面を持つペットと飼い主の心の距離をぐっと縮めてくれる力が、へそ天にはあると思います。

どの写真からも飼い主さんの愛情を強く感じるため、時には勝手に関係性を想像してしまうことも。写真を通して伝わってくる、その子ならではの生活感をユニークに思い、何度も見ているうちに強い愛着を抱いてしまうこともあるのだとか。

そんなすむぞうさんは様々な施設に書籍を贈り、人の心を癒してもきました。例えば、コロナ禍で苦しむ医療機関に『へそ天にゃんこ』を献本した際には猫好きな看護士さんが大喜びしてくれ、嬉しく思ったそう。

すむぞう

老人施設では、お年寄り同士が何時間も猫談義に花を咲かせていました。「うちの猫はこんなだったのよ」と皆さん、話が止まらなくなる。きっと、思い出に残っている猫たちが心の中で飛び跳ねながら、癒やしを与えてくれるんでしょうね。

そうした姿を目にしたすむぞうさんは、自身が製作した書籍が“にゃんこセラピー”となっていることに胸が熱くなると共に、人とペットとの絆は永遠だと再確認しました。

多くの人の心に染みる『へそ天にゃんこ』は今後、翻訳出版される予定。すむぞうさんは日本発の「HESOTEN」を安心・安全・平和への象徴として世界に発信したいと意欲を燃やしつつ、コロナ禍という目に見えない恐怖と闘う人々に少しでも癒やしを届けたいと願ってもいます。

すむぞう

へそ天をテーマにした絵本も描きたいです。寝かしつけは親子で過ごす、大切なひとときだと思うので、親子でへそ天しながら、動物たちのへそ天絵本を読み聞かせできたら笑顔いっぱいで眠ってくれるんじゃないかと。

また、今春からはとあるウェブメディアにて、日本中で暮らす「へそ天にゃんこ」「へそ天わんこ」たちを配信予定。

すむぞう

9月には「へそ天にゃんこ」をテーマとした新たなコンテンツが発売される予定なので、お楽しみに。ヒントは2022年に使うものです(笑)

「書き手よし」「読み手よし」「世間よし」の三方よしを意識しているすむぞうさんはへそ天写真を通し、誰かを癒やすことは自分が癒やされることにも繋がるのだとも学んだそう。そんなへそ天愛がどんな新企画を生み出してくれるのか、「へそ天にゃんこ」シリーズを読みながら待ちわびたいものです。

created by Rinker
三笠書房
¥1,430 (2021/09/17 15:02:33時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)