お仕事の依頼はこちら

【報告が3つあります】恋をしたジジと色々変わった下僕の日常

えっと、まず、めちゃめちゃサボりまくって、すいません。昨年は厄年かっていうくらい立て続けに災難が重なり、仕事もままならない日々で、ブログがまったく更新できませんでした。

やっと時間がとれたよ。めっちゃ頑張ったよ。また、見てくれるみんな、ありがとう。ただいま。

この更新できてなかった期間で、色々と状況が変わったので、まずは改めて、その報告を。

\聞いてやってねえ😼/

報告その1:ジジの肥大型心筋症について

Twitterでは報告しましたが、ジジが「肥大型心筋症」であることが判明しました。

肥大型心筋症とは、心臓の筋肉が分厚くなっていく病気です。

今は56日ごとに病院へ行き、お薬をもらい、定期健診という形で落ち着いています。

我が家では夕方に錠剤の薬をスプーンで押し潰して粉々にし、液状のシーバやちゅ~るをあげています。

初めて薬を飲ませる時、「苦いよね、しんどいよね」と思っていたのだけれど、ジジさん、ちょっぴりニブいのか、どうやら薬の時間を「おやつの時間」と思っているようで、夕方に私がキッチンに立つと、トコトコやってきてスタンバイ。

そして、それを見たコタとレオも「お、ひとりだけずるいやんけ」となって、キッチンに大集合&大合唱というカオスな日常を繰り広げています。

ねえ、投薬だよお。おやつじゃないんだよお。

でも、いい子で飲んでくれるので、すごく助かる。レオの時は粉々にして液状おやつにまぜても、次第に「だまされんぞ、これはちゃうやろ」って感じて、口にしなくなったので。。

病気が発覚した時、衝撃は受けたけれど、私自身が心臓病だから割と気持ちの整理がつくのは早かった。「そうか、あなたも心臓病なのね。なら、上手に付き合って、できるかぎり長く一緒に生きようね」って思えた。

ジジぽん、一緒に猫又になるんだぞ!

報告その2:ジジの脱臼のその後

こちらもTwitterでは報告していましたが、脱臼したジジの後ろ足、すっかりよくなり、再び、ゴミ箱の神に就任。

正直、普段通り、馬みたいな走り方で猛ダッシュすると、後ろ足がついていかない時もあるけれど、キャットステップ、キャットウォーク、キャットタワーは軽やかに登れ、脱臼前と同じく、猫らしい生活ができているので私的には満点だと思っています。

(なんつー顔してるんよ)

ただ、私が見ていない時、コタに「やんのかよ」って謎の喧嘩をふっかけられて、キャットウォークで追い詰められることがあるので、寝る時や外出時は、脱臼中に大活躍してくれたアイリスオーヤマの超便利サークルで過ごしてもらっています。

折りたたみサークル Mサイズ POTS-920A アイリスオーヤマ送料無料 ペットサークル 折り畳み サークル
※これのMサイズ買ったんよ。

なるべく、サークルの外でのびのびさせてあげたいので、仕事は2階ではなく、1階でするように。

それに伴い、レオがオンライン会議にちゃっかり参加するようになったので少し困っています(笑)

報告その3:ジジが恋をしたのよ

これは完全に、個人的な報告なのでサラっといきますが、我が家に下僕がひとり増えました

実は段ボールの彼と紆余曲折あり、一緒に暮らすことに。

色々な事情で籍は入れていませんが、できれば生涯、一緒にいたいなと思っています。

それを一番喜んだのは、ジジでした。洗い物をする彼を見つめる視線が乙女なのよ。

毎夜、猫部屋に行き、キャットタワーから彼を見つめては恋に浸っております。

私と育んだ7年の絆を、彼は3日で越したっぽい。(悔しすぎる…!!!)

そして、私よりも優しく優しく猫に触れるので、レオもすっかり彼の虜となり、私の味方は今やコタだけになりました。

唯一の希望よ…。

そんな賑やかな日常も、これからは伝えられたらと思います。ほっこりしてもらえたらいいなあ。

あと、やっぱり、いちライターなので、日常を記すだけでなく、この場所をブログとメディアの中間のようなものにしたい。今後、またサボるかもしれないけれど、色々と試行錯誤しながら猫好きさんや猫飼いさんが「知りたかったのに知れなかったこと」を掘って掘って、伝えていけたらいいなと思います。

相変わらず、こんな感じのへなちょこ下僕ですが、これからも楽しんでいただけたら嬉しいです~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)